スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*いやもに*

 イヤモニって、ご存知?
 つんくファミリーな響きの言葉ですが、よくライブとかで歌う人が耳につけているイヤフォンのことなんです。
 正式名称はイヤーモニター�G���������͂��Ă�������

 この間の打ち合わせの時、Dr.Purpleが
 「6月7日のライブ、イヤモニ、用意しておいたからね」
 と言って下さったんです。
 なんと!!
 私、声量がないので、いつも自分のボーカルを逃し気味なのね~。もちろん、PA(*1)さんがバランスを取って、返しのモニター(*2)をあげて下さるのですが、あんまり上げちゃうとハウっちゃう(*3)し。
 *1 PA:それぞれの音のバランスを取って下さる人。ステージと反対側、みんながいつも背中を向けているところで、いつも黙々と私たちのライブを支えて下さっています。
 *2 返しのモニター:客席に向けてあるモニター(スピーカー)とは別に、ステージ上に置いて、各演奏者さんが聞く用のモニター。転がし、とも言います。
 *3 ハウっちゃう:ハウリング。いろんな音の干渉で、スピーカーがキ~ンとなる状況。


 と、いうことでイヤモニ導入。
 なんと心強い!!

 で、このイヤモニ、自分で用意しなきゃいけないの。
 Dr.Pulpleは「ちょっといい目のイヤフォンでいいよ」と言って下さったので、探して見たら、カナル型で、それなりのなら3000円くらい。
 私が今使っているのは、MacFanの連載でいただいた、ピンクのカナル型。
 これでも全く問題ないんだけど……ピンクはさすがに目立つかしら?
 ちょっと良い奴だと、やっぱり音も違うのかなぁ。

 と思っていろいろ探していたら、見つけちゃいました。
 Brilliant究極のイヤモニBrilliant
 その名もセンサフォニクス。 

 まず、オフィスに趣いて、耳型を取ります。
  ↓
 耳型はラボへ
  ↓
 振り込み確認の後、いよいよ制作
  ↓
 約三週間かけて、ラボで手作り
  ↓
 そして自宅へ郵送。

 耳型を取る事からもおわかりのように、世界でひとつのオーダーメイドです。
 そのお値段。
 �L���L���L���L��\99,750�L���L���L���L��
 じゅうまんえんじゃく。
 耳にダイヤつけるだけじゃないお金のかけ方が!!
 ユーザーリストにはずらり、世界の著名人が。

 センサフォニクス。
 いつか私がこのリストに名前を連ねる日が来るのでしょうか……
 う~ん……たぶんないかも。

 とりあえず。
 ヨドバシに3000円くらいのイヤホンを見に行ってこようと思います。
 分相応という言葉もあるしね�����܂�
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。