スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*~Instrumental~*

 ~Instrumental~

 この曲は絶対入れたいと、最初に思った曲でした。
 南嬢の紡ぐメロディが、あまりにも美しくて。
 聞いているといろ~んな言葉が浮かんできます。
 私が作詞をさせていただく時は、何度も何度もメロディを聞いて、そのメロディが教えてくれる世界を何とか掴もうとする感じ。
 言葉がつく前のメロディ、まだ世界が固まる前の歌を、みんなにも聞いて貰いたくて。
 この曲はインストゥルメンタルにしました。
 聞いた人それぞれが、いろんな世界を聞き取ってくれたらいいな。

 歌詞はないけれど、聞いて、ちゃんと一曲として成立するようにもしたくて、ラララですが心をこめました。
 桜子嬢からの指導は「あまり色をつけすぎないように、ナチュラルに、フラットに」。歌詞を考える際の邪魔にならないように、自分を少しひっこめるつもりで歌いました。
 でも、メロディが本当に素晴らしいので、歌っていて気持ちよかったなぁ。

 聞いてみて、何か言葉は浮かんできそうですか?

Comments

聞く前の目論見として、「 やきにくたべたい 」を連呼させて、ウケれば勝ちだなと考えていたのですが、どうにも肉食べてなさそうなメロディに頭を抱えています…orz

素敵なメロディに負けないように、斜め上を目指して頑張ります(*´∀`*)

No title

この曲を聴くといろいろな言葉が浮かんでくるのですが、整理してみると、「伝えたい純粋な想い」といったキーワードが浮かんできました。
歌詞を考えようとしているのだから、当たり前で貧弱な発想ですね(笑)
この曲を聴きながら暮らす日常の中で言葉が降りてくるのを待ちます。


こういった、皆さんが思った事や感じたことが、アルバムを聴いた方や、これから聴こうとされている方に伝わるのっていいですよね。
(あーこんな風に感じる方もいるんだ。)(なるほど、確かにそう感じる部分はあるかも。)なんて、みなさんの意見を読んでみるのが楽しみです。
こうやってみなさんと交流しながら、そこに春菜さんのお仕事やプライベートで感じたことがスパイスとなって出来たアルバムが「光の花束」なんだと思っています。
春菜さんはもちろんのこと、桜子様、みさ吉さん、アルバムに関わった全ての方に感謝です。ライブ楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

この曲のラララが心地良くて、気持ち良く眠れそうな感じがします。
歌詞がつく方も気になります-(´∀`)-。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。