スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*光と雲のシンフォニー*

 光と雲のシンフォニー

 思う存分、書き込んで下さいませ��

Comments

わたしだけをみてくれないといやなの 大好きなのよし~
愛してしまったの だから楽しかったり 不安や苦しくなるの
なにも手につかなくなるの 想っては涙ながす日々

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こう化けましたカー。

メロとアレンジ自体は火の花東で知ってましたが、
歌詞が付くとやっぱり雰囲気変わりますね。

そして、メロディにしっかりマッチした歌詞ですし。

歌詞募集に参加し損ねた事が悔やまれてならないですが、
果たして自分はこの完成度の歌詞を応募できたのか、
と考えさせられる出来ですね。

No title

すごくわかりやすくて、テーマがはっきりした
この曲にぴったりの歌詞だと思いました。
こんな詩を短期間で作られた方は、素敵な感性の持ち主だと思います。
そして、その歌詞のついた歌を春菜さんがどのよおうに歌われるのかも、気になっていましたが
すごくストレートに、曲と詩に向って、真っ直ぐに歌われていますね。
すごく伝わってくるものがあります。
RuaTreQuartsの最後を飾るには、コンセプトどおりピッタリの曲だと思いました。

アルバム全体の感想ですが
先日のイベントでお話が出たように
1本筋が通っていて、そこに色々な飾りつけがされているアルバムだと思います。
いわゆる、今この時間の「池澤春菜の目録」といったイメージでしょうか?
池澤春菜ってこんなところがあるんだよ。こんなカンジなんだよ。
でも、これはほんの1部で、まだまだいろんな部分があるんだよ。
もしよかったら、このアルバムをきっかけに池澤春菜に興味を持ってね。
って始めての方にはそのような印象を持たれるアルバムなんだと思います。
そして、春菜さんのことにすでに興味をもってらっしゃるみなさんには
「あ~やっぱり春菜さんのこの部分が好き」「春菜ちゃんのここが好き」「池澤さんのこの部分が素敵」
と自分の中から何かを引き出してくれる、引き出しから出されるものは聞く人それぞれに違うのでしょうけれど。

そんなアルバムに仕上がっていると思います。 

素晴らしい完成度ですね。

ごきげんよう、春菜さん。
浄化された「ながぬー」です。

可愛い声から一転、春菜さんの歌声からは神々しいものを感じました。自分の中で様々な想いが心の中を駆け巡ったのです。作詞作業で学んだこと、楽しかったこと、頑張ったこと、苦労したこと、春菜さんを心の支えにしたこと・・・。そういう全てを優しく包み込んでくれて、自分が浄化されるような、そんな感じで聞きました。歌詞は、他の方も書かれていますが、非常に判りやすいですね。曲も歌詞も歌声もしっかりとマッチングし、「カトルカール」の最後を飾るに相応しい歌です。そして・・・次へと続くのですね。今回経験したことを生かして、次に向かっていきます。ありがとうございました。

ではでは、今回はこれにて失礼します。
しーゆーあげん!

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。